日常ブログ

#287 最高だよ。本当に。

神谷亮太

ただいま。お帰りなさい。

皆さん本日も1日お疲れ様でした。

いかがお過ごしでしたでしょうか?

今日の東京は1日ずっと雨、、、雷も鳴ってました。

いや、そんなことよりも昨日の続きです。笑

今日は少々長くなると思われますので先にお伝えしておきます。笑

昨日はこちらも観劇させて頂きました。

舞台『錦田警部はどろぼうがお好き』公式サイト
https://keidoro-stage.com

舞台「錦田警部はどろぼうがお好き」

久しぶりにコメディ作品を観劇したのですが、とっても面白かったです。

役者さんのお芝居がとても上手でテンポも良くて、たくさん笑わせて頂きました。

表の顔と裏の顔、過去の顔と現在の顔、お芝居ならではのその二面性の表現が本当に洗練されていて勉強になったことはもちろん、終始前のめりで観劇、明るくて何度もクスッと笑ってしまう幸せな作品でした。

そして、BISKEも制服警官として奮闘しておりました。

京都での公演を彷彿とさせるコミカルなお芝居と圧倒的な歌声が輝いてました。

愉快な仲間に囲まれて愉快なお芝居をする姿を見てたらこっちまで嬉しくなってしまいました。

本当によく笑いました。

あっそうそう、1つ感じたことは良い意味で中々終わらないってことですかね。

どんなラストで締め括るか、一番大事と言っても過言ではないかなと思うのですが、そろそろ終わるのかなと思ったところからどこまでも進んでいくストーリー展開に大満足でした。笑

脚本が素晴らしいなとも思うし、それを最後までミスなく表現する役者さんは改めて素晴らしいなと感心してしまいました。

小さなお子さんからお年寄りの方まで楽しめるとても明るくて愉快な作品、こういうご時世だからこそ、思いっきり笑いたいじゃないですか。

とってもおすすめです、皆さんもお時間がありましたらぜひご観劇してみてください。

🗒✍️

そして本日はこちらを観劇させて頂きました。

ミュージカル「黒執事」〜寄宿学校の秘密〜
http://www.namashitsuji.jp

ミュージカル「黒執事」〜寄宿学校の秘密〜

黒執事については全く知らなかったのですが、何と言っても

マサ(里中将道)と侑(福澤侑)と晃生(山口晃生)が出演しているということでどうしても観たかった作品です。

何の前情報も無しで観劇した結果、

黒執事、、、面白い!!!ってなりました。笑

魅力的な役者さんがひしめいていましたね。

皆さん本当に素敵で刺激もらいまくり、推しができるとはこういうことか、もはやファンになってしまいそうな勢いです。

すっごい楽しませて頂いた一方で、やっぱり気が付けば3人を目で追っています。

マサは全キャラクターの中でも中心的存在、一体どこまで駆け上がってくんだって、本当に驚かされるばかりです。

堂々たる立ち姿、存在感、センターポジションでとても輝いてました。

何故だろう、自分のことのように誇らしい。。。

ダンスも歌唱も存在感も全部含めて成長スピード、半端ない。。。

侑は相変わらずかっこいい。

きっとセンターを外れた位置が好きなんだと思う。

何がかっこいいって、

スッとセンターに立ったと思ったら一瞬でステージの空気を自分のものにしてしまう。

空気もスピード感も全部コントロールしてるんじゃないですか、侑くん。笑

侑を観てる時、どうしようもないぐらいに心は高揚しています。

爆発力、半端ない。。。
(静かなる起爆剤、納得ですね。)

そして、晃生。

晃生は今作のキーキャラクターを演じています。

とても難しい役どころだと思います。

どんな晃生が観れるのか、まだ出てこない、晃生はまだ出てきてない。。。

いや違う、デリックだ。デリックはまだ出てきていない。

ストーリーがどんどん進んでいく中、そうやって何度も心の中でデリックの存在を追いかけていました。

それぐらいストーリーにも入り込んでいたし、デリックの存在が気になっていました。

。。。

衝撃的でした、もうステージに釘付けです。

晃生、めっちゃ良かったです。

あくまでも自分の中の想像ではありますが、その想像を遥かに越す表現でした。

少なくとも自分が知ってる晃生ではなかったです。

それがお芝居の面白いところですね。

晃生は京都で一緒に公演している時からお芝居への感度が高かったことを思い出します、そういえば昔から小劇場で色んな舞台をよく観てたとも言っていたな。

晃生、ダークホース、半端ない。。。

3人とも本当にかっこよかったです。

大阪公演も控えているようですので、関西在住の皆さん、もしお時間があるようでしたらぜひ観劇・応援しに行ってあげてください。

よろしくお願いします。

(あっ、どうしてもこれは書いておきたい。上田堪大さん半端ない。。。観たら分かります。笑)

🗒✍️

リスペクトできる仲間がいること、こんなに嬉しくて力になることはないです。

こうやって淡々と文字にしてますが、心の中は燃え上がってるんです。

リスペクトする一方で、自分も強くならなくちゃいけないって。

また力を合わせて同じステージに立ちたいですからね。

KYOTO SAMURAI BOYS…

それでは今夜はこの辺で。

また明日。

神谷亮太
雨風雷雪、嵐だって何だって切り抜けるよ。

おしまい

P.S. コメントもありがとうございます。全部しっかり読ませて頂いております。

関連記事

  1. #1 新たな挑戦
  2. 神谷亮太 #110 初お披露目!
  3. 神谷亮太 #342 雨、降らないで。。。
  4. 神谷亮太 #275 今、思うこと。。。
  5. 神谷亮太 #235 毎日健康第一!
  6. 神谷亮太 #320 もう一踏ん張り。
  7. LTFブログ #280 適度な息抜き、大切です。
  8. 神谷亮太 #215 感謝の1年、2020。

コメント

    • SHIN
    • 2021年 3月 14日

    おはようございます✨

    昨日に続き熱量のあるブログありがとう!素敵な舞台は神谷くんにエネルギーを与えてくれるんやね。

    3.11、私は歩いて色んな社寺を巡りつつ、最終は鈴虫寺へ行きました。
    副住職がユーモアたっぷりの法話をして下さいました。

    気持ちが行き詰まった時は深呼吸、日々の幸せに気づく、挨拶と感謝を忘れない、玄関は綺麗に…シンプルながら出来ていなかったり忘れていたり。
    副住職も帰る頃には皆さんお話の半分は忘れてますよって笑ってはりました。

    だっていつも神谷くんに励ましてもらってるのにすぐ落ち込むしな…実はこの日も暗い気持ちでお寺へ行って一つだけ願いを叶えてくれるお地蔵さんの前で迷ってしまい、とっ散らかった願い事してしもた、もったいない。

    今日は朝から晴れ、いっぱい洗濯して気持ち良くなって頑張る!東京も桜の開花はすぐやね、お気張りやす✨

    • くもりん
    • 2021年 3月 14日

    こんばんは!

    サムライ達のでてるミュージカルをめっちゃ見たいです (つ﹏◕✿)・゚。
    みんながどんどんそれぞれのステージで立って嬉しいし
    KSBのステージを見たい気持ちも止まりません
    いや、みんなが今それぞれパワーアップしてるんだからこそ
    進化してる姿をめっちゃ見たいです
    その気持ちで今遠くからだけ「応援」してますけども
    応援していたい一人として絶対にいつか一回だけでも生で見に行きたいです

    皆さん、神谷くん頑張ってください〜

    • Tatsumi!
    • 2021年 3月 22日

    いつも追いかけコメントでごめんなさい(^_^;)。
    黒執事!良かったですか! ですよねー 笑。
    きっと三人が出ていなくても、十分に楽しめて推しが出来る作品です。

    前回までの舞台とは主要キャストが一新して、新シリーズの幕開け。
    私も初日の配信を観ました。
    今までの舞台ファン、原作のファンに対してもプレッシャーはかなりのものだと思いますが、すごくフレッシュな黒執事で素晴らしかったです♫ 
    里中くんはクールな優等生役も似合いますね。この舞台も歌とダンスがふんだんにあるので練習量は相当必要だっただろうなって思うし、星の飛行士からすぐにこの現場で切り替えるのも大変だったんじゃないかな・・・。
    とっても素敵でしたよね(*^_^*)。
    神谷君の言うとおり、私もチェスロックがスッ出てきたらもうロックオン!です 笑。
    彼のダンスはやっぱり群を抜いてるし、軽くてしなやかな動きと今回のヤンキーだけど良いヤツ的な(?)役どころがピッタリです。「しゃーねっす」が頭にこびりついて、フッと笑ってしまうほど。次回作にも期待です。
    そして山口君には私も驚かされました!あんな登場の仕方するか!?と 笑。
    いや、良い意味で裏切られたし彼の守備範囲はかなり広いんじゃないかと想像します。
    KSBの活動休止からボクシングに打ち込んでいたので、このまま役者さんを辞めてしまうんじゃないかと思ったり。
    でも神谷君のブログから、山口君が昔から舞台に情熱をもって居たことが伺えました。ラジオでも、脚本を書いた事があるって言ってたのが頭に残っていて、また本を沢山読む人だって事も知っていたので、もっといろいろ知りたいなって思う侍でした。そもそもKSB18人って書いてあるのに、いつまでも17人でどうしたんだ???って思っていて 笑。
    気になって、気になって、出てくる前から好きになりそうでしたもん(←スイッチが壊れてます)。
    4月には大阪公演を観に行くので、実際に新・黒執事をしっかり楽しんで来ますね!
    あ、アンダーテイカー 笑! 怪しい魅力です。前作までのアンダーテイカーも3割増しの個性派なので、時間があったら是非歴代の黒執事を観て欲しいです。初代セバスチャン、二代目セバスチャンのそれぞれの悪魔で執事の魅力も必見です。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP