日常ブログ

#26 夏越の祓

皆さんいかがお過ごしでしょうか?

僕はというと仕事を終えて先ほど帰宅したところでございます。

本日2回目の更新です。

昼下がり、少し蒸し暑さを感じながらものんびりとブログを書いています。

先日家の近くの神社にカメラを持って散歩に行ったところ、こんなものを発見。

皆さんからのコメントで知りました。
これは「夏越の祓」で行われる茅の輪くぐりという風習なんですね。

6月30日は丁度一年の半分。
今年前半の半年間の穢れを清めて災厄を払い、この後の後半も無事に過ごせるようにと祈る行事だそうです。

皆さんからのコメントにもありました通り、今年の前半は本当に大変な半年間でしたよね。

気付けば今年も折り返しということです。

皆さんには何かやりたいことはありますか?

僕はこれからの後半戦、色んな思いを背負って戦っていきたいと思います。

頑張ります。頑張ります。頑張ります! 笑

そして6月30日、京都では水無月という和菓子を食べるんですね。

これも初耳です。

東京でもし手に入れられたら京都を思い出しながら食べたいと思います。

そして僕が京都で伏見稲荷大社を訪れた時、有名な「千本鳥居」で止まらずその先の稲荷山を登りました。

登ったことがある方はご存知かと思いますが、まぁ〜すごいですよね。

朱色の鳥居と狛狐がものすごい数です。

僕は頑張って最高峰の一ノ峰(上社神蹟)まで行ってきました。

異世界が山の奥に広がっていました。
ぜひ皆さんも挑戦してみてください。

ということでこれからまた少し仕事に行ってきます。

今日も後少しですね。

もう一踏ん張り!

頑張りましょう!

“知らぬ間に茅の輪くぐり”

                                おしまい

関連記事

  1. 神谷亮太 #368 良いことを数えて。
  2. #9 今日も元気!
  3. 神谷亮太 #138 やれることは何でも。
  4. 神谷亮太 #153 「1」を大切に。
  5. 神谷亮太 #154 10月、完。
  6. 神谷亮太 #155 11月スタート!
  7. 神谷亮太 #289 今日は最高の日。
  8. 神谷亮太 #143 寝ても覚めてもDEJIMA

コメント

    • アオ
    • 2020年 6月 25日

    伏見稲荷は初めて行った時、あまりに山でびっくりした記憶があります。山ですよね。
    頑張りすぎないで…と思いつつ、それでも頑張って進んで行くのがやっぱり神谷さんらしいとも思うので、頑張ってください!私は新しい日常にまだまだ慣れない日々なので、このブログを楽しみにしながら、こちらはこちらで頑張ります。
    二度の更新、ありがとうございました。
    心も身体も元気にいきましょう。

  1. 神谷さんこんばんは!
    お仕事お疲れさまです!
    またとてもきれいなお写真ありがとうございます!
    確かに大変な前半ですよね?でも、神谷さんもKSBのみんなも無事でいて、頑張っていて見えて嬉しいし、それで、負けないくらいほど頑張らなきゃって、思えます!
    いま一番やりたい事はKSBの全員に会える事けど、それはいままだ無理です(笑)でもいつまでも待ってます。

    毎日神谷さんがブログでいろんな事話してくれて本当にありがとうございます!

    おやすみなさい。

    • SHIN
    • 2020年 6月 25日

    こんばんは✨
    伏見稲荷、私も上まで登ったえ(^^)
    水無月も神谷くんにおすすめしたいのがあったな…

    昔からランニング、登山、ボーリングがすごい苦手やったけど、トレイルを始めてみようかと✨いつも刺激を貰ってるしがんばる!
    で、神谷くんはも少し手抜きでええかも。
    武士なのが素敵なんやけどね✨

    • Tatsumi!
    • 2020年 6月 25日

    一日に二回のブログ更新っ!追いつかない~、けど嬉しいです。
    知らぬ間に茅の輪くぐりって 笑、くぐってたんですね、サブタイトル面白いっ。
    伏見稲荷、一番上まで登ったんですね?!荒行ですよ 笑。私、結局登ってないし。
    でも本当に異世界ですよね、またゆっくり行きたい。
    今日は笑顔のお写真見れました(^^)。ホッとしたぁ。
    よしよし、しっかりストレッチして寝ますね!

    • Yoko
    • 2020年 6月 25日

    香川県にも水無月ってお菓子ありますよね。
    って友達から連絡がきて、ピンとこなくて調べたらよく目にする和菓子でした。
    身近なものを知らないなって改めて思いました。
    (遠いものも知らないけれど)
    愛麩さんにおいりのソフトクリームがあったときもびっくりしました。
    高松市は歴史の土地が多く、小学生のころからよく調べものをさせられました。当時はめんどくさいとか思っていましたが、
    生まれた自分の土地を知るのも大切だったなと今では思います。未来をみて生きるために過去を知ることは必要だったのかなと。未来だけじゃ、何もかもが未知じゃ恐怖だけがかつかもしれません。失敗しても進めることを、失敗しないと見えないことも、失敗する前に練習できることも。
    もうすぐ今日が終わりますね。神谷さんは頑張っています。
    そう伝わってきます。では、おやすみなさい。(まだ寝れますよ笑)

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP