日常ブログ

#27 過去を振り返る

皆さんおはようございます。
金曜日の朝、お天気は曇り、暑くもなく寒くもなく過ごしやすい気温です。

一週間がとてもあっという間ですね。

週末にかけてもう一踏ん張りです。

今日は「KSB参加のきっかけ」について少しお話をしようかな。

舞台「KYOTO SAMURAI BOYS」

この舞台がなければ間違いなく今の自分はいないし、皆さんと出会うこともなかったと思います。

僕にとって本当に大切な存在です。

昨年の6月、都内でのオーディションが行われました。
実はその年は中々仕事の方が思うように取れず、大きいオーディションもこれが初でした。

皆さんもご存知かと思いますが、いわゆる「2.5次元舞台」は今とても人気のあるエンターテイメントです。

僕はこれまでにも色んな作品のオーディションを受けては落ちて、受けては落ちて。。。そんな状況が続いていました。

年齢的にも段々と歳をとってくればそれだけ可能性が薄くなってしまうだろうし、もうそろそろ厳しいのかななんて、そんなことを考えているときに「KSB」のオーディションのお話を頂きました。

今でこそ「KSB」のオーディションと言えますが、受ける当時はほとんど情報もなかったので、わかっていたことと言えば関西でパフォーマンスをするといったことぐらいでした。

それで実際に受け、結果は「合格」。

本当に嬉しかったです。ようやくこれからスタートラインに立てる、そう思いました。

一方で東京でお世話になっていた人、特に働かせてもらっていたお店を辞めなくてはならなかったり、周りで支えてくれていた人たちと離れなくてはいけないということは、決断するまでにも少し時間がかかりました。

とはいえせっかく掴んだチャンスだったので、その可能性に挑戦し自分を高めたいという思いは強く、京都に行くことを決めました。

今考えてもその決断は正しかったと思っています。

良いことも悪いことも、本当に色んなことを経験することができました。
こうしてコロナの影響を受け東京に戻ってきたことも、全て自分にとってプラスなことだと思っています。

もちろん大変なことばかりではありますが、それは皆同じ。

時々、今頃はこんなことをしていたのかなぁなんて、京都に居るはずだった自分たちを想像してしまうこともありましたが、今はもうそんなことは考えていません。

それよりも京都に居たら生まれることはなかった今あるこの時間と向き合うことしか考えていません。

毎日がとても充実しています。
色んな苦難もありますがそれを一つ一つ乗り越えて目的地を目指す。

それが自分の生き方だと思っています。

とにかく「今」を頑張る。

素敵な仲間に出会うことができました。

「KYOTO SAMURAI BOYS」のメンバーであることは、僕の誇りです。

これからもまだまだ頑張っていきますので応援よろしくお願いします。

また色んな思い出話をしたいなと思いますので、皆さんも気になることがあれば気軽に聞いてくださいね。

それでは本日も一日頑張りましょう!

いってらっしゃい。
いってきます。

素敵な一日になりますように。

                                おしまい

関連記事

  1. #52 未来への一歩
  2. #28 土曜日の朝
  3. LTFブログ #378 今日も今日とて。。。
  4. #87 お楽しみ
  5. LTFブログ #254 自然の移ろい。
  6. 神谷亮太 #215 感謝の1年、2020。
  7. 神谷亮太 #139 リセットの1日
  8. #19 雨降りの一日

コメント

    • ‪ѕα¢нι‬
    • 2020年 6月 26日

    おはようございます
    KSBで京都という地ですてきな皆さんと出会えたこと私にとってとても有意義でかけがえのない時間でした
    日常生活でふと思い出すことがあって幸せな気持ちになります

    今日も素敵な1日にしてくださいね

    • KT
    • 2020年 6月 26日

    神谷さんおはようございます
    本日の京都は曇り空、梅雨らしく蒸し暑い一日になりそうです
    今週はKSBの舞台を観に行って出来た友達が、何人か京都を訪ねてくれたので会ってきました
    起公演や承公演の思い出話しをして、すごく楽しかったです!ネット上で度々話しはしていましたが、直接会って顔を見る事がこんなに嬉しい事とは…そんな感情を共有出来る友達が出来た事は本当にKSBの皆さんに感謝です
    毎日を頑張っている中でのご褒美時間だなと思いました
    神谷さんも周りの仲間や友達とのご縁をとても大事にされてますね、ブログという形でこうして私達ファンとの繋がりも大事に考えてくださってるのをとても嬉しく思ってます
    KSB以前からのファンの方やお友達の方もとても嬉しいんじゃないかな…
    人とのご縁を丁寧に大事に出来る方は、必ず人から大事にされると思います
    人よりゆっくりで遠回りの生き方になるかもしれないけれど、神谷さんらしく神谷さんの正しい方へ進んでいってくださいね
    ついていきますから
    では今日も良い一日になりますように

    • アオ
    • 2020年 6月 26日

    おはようございます。
    京都へ移り住むということは、そう簡単なことではなかったでしょうね。それだけにすごい体験になったのかなと思います。
    私も京都でこんなパフォーマンスが毎日観れるとは思っていませんでした。約半年でしたが、とてもとても、幸せな日々でした。ありがとうございます。
    京都で生まれた18人の侍たちの未来が、明るい道でありますようにと、いつも願っています。応援していますね。

    • SHIN
    • 2020年 6月 26日

    こんにちは(^^)
    毎日が充実している…その言葉にホッとしたえ✨
    めっちゃ会いたいけど私も前を向いてる、絶対に守らなあかんものもあるしね。
    きっと今の場所でも支え合いながら頑張ってるんやね、いつも元気をありがとう(^^)

  1. 神谷さんこんにちは、

    また神谷さんのブログを楽しむことができて本当に嬉しいしです。ありがとうございます。

    神谷さんのポジティブな考え方の話しのおかげで、元気になれそう気がします。

    今日も明日もこれからも、ボク頑張ります!

    サムライになってくれて本当にありがとうございます!

    • 2020年 6月 26日

    神谷さんのおかげでKSBという作品が大好きになりました。
    京都で観劇出来て本当に良かったです
    これからもずっと応援しています。

    • にし
    • 2020年 6月 26日

    神谷くんこんにちは、毎日更新ありがとうございます。

    私もKSBに出会えて、ほんとにたくさんのプラスなことがありました。
    出会えたメンバーのそれぞれの生き方・表現の仕方は私の世界をぐっと広げてくれました。出来たお友達はいい人ばかりで、今も毎日のように連絡を取り合ったり、落ち着いたら会う計画を立てています!

    神谷くんの言葉で語られる思い出話、また楽しみにしています!

    • Yoko
    • 2020年 6月 27日

    やっと時間ができましたー。
    いや、仕事ではないんですよ。笑
    めいっことドン・キホーテで鬼滅グッズを買っていました。
    小学1年生と同じものをキャキャっと楽しめる鬼滅は本当にすごいアニメだと思います。
    神谷さんは富岡さんなイメージですかね?
    分かりませんが。
    わたしはカナヲ推しです

    • Tatsumi!
    • 2020年 6月 30日

    KSBの話が聞けるのは嬉しいです。それぞれいろんな思いで集まったメンバーが、京都で侍になる修行を積んでステージに立って。。。。。初めて観たときは一人も知っている役者さんはいなかったし、何度も京都に行くことになるなんて思ってもいませんでした。豪さんが作ったエンターテイメントを一度は観ようと、それだけでした。
    プレ公演。友人と一緒に観て、すぐに「・・・もう一回観ちゃう?」ってチケットを買いました!それくらい楽しいと思ったんです。まだまだ荒削り。完成されたパフォーマンスとは思わなかったけど、それ以上にひたすら全力で汗びっしょりになってステージを駆け回る姿は、ものすごく魅力的でした。
    当初、侍一人一人の名前も一致せず、HPやパンフレットにもメンバー個人の情報は少なかったので、もっと情報が欲しいねって話していたのを思い出します。2チームともそれぞれの違う個性があって、またメンバーが入れ替わることもあって、新鮮でした。ライブパートがすごく楽しくて、それまで見てきた舞台でも一部がお芝居で二部がライブという構成が好きだったので立てない事がもどかしいくらいで 笑。ただ、ペンライトをあの狭い空間で振るのは恥ずかしく、私にとってはけっこう勇気がいりました。楽しすぎて振ってるうちに指がボタンに触れ、色が変わっていることも気づかず、いったい誰の応援???ってなってた事も。ペンライト落としたこともありました。はしゃぎ過ぎ(^^;)。ペンライトにメンバーの名前を入れるのは流石に無理でしたが、遠征荷物にペンライトを装備するのが自分でも可笑しかったです。
    そんなあれこれ、わたしにとってもすごく楽しい想い出です。もちろん、時間が許すかぎり京都の風景や美味しいものも堪能できました。活動休止となった今でも、京都パックはそのままクローゼットにしまってます。いつでもcome back!
    お部屋には”壱”のアルバムと”go baaaan”の侍号が飾ってあります。また必ず会えるはず!

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP