日常ブログ

#48 出会いを大切に

皆さん本日も一日お疲れ様でした。
今日はどんな一日だったでしょうか?
金曜日も終わり気付いたら週末、そして7月も折り返しですね。

今日もお昼からヨガをして夕方にようやく事務所で皆さんからの贈り物を受け取ることができました。

受け取るのが遅くなってしまってごめんなさい。

そして、ありがとうございます。

お手紙にプレゼント、綺麗なお花に手作りのアルバム、皆さんからの想いがたくさん詰まった贈り物に心から感謝します。

誕生日の何日も何ヶ月も前から準備していてくれたんだろうなって、自分の誕生日をこんなにも多くの方々がお祝いしてくれて喜んでくれることに驚いています。

今までの自分では考えられないことで、こんなことは初めてだから、でもとても嬉しいです。

頂いたアルバムの中には京都で過ごした時間が写真と共にたくさん詰まっていて、30人近くの方からの一言メッセージが出てきた時にはびっくりしましたが、笑
全部ちゃんと読ませて頂きました。

直接お礼を言えないことがとても残念です。
なのでこの場を借りてお礼を言わせて下さい。

本当にありがとうございました。

そんな皆さんに向けて今夜は今僕が思っていることを少しだけ話したいと思います。

25歳になった僕は今までに増して将来について考えるようになりました。

自分が変わったから、成長したからと表現してしまうと少しニュアンスが変わってしまうから、

正確に表現するとするなら、皆さんの存在が僕を変えてくれたんだと、そう思っています。

俳優である僕はいつも一人でした。

それ故続けることも辞めて他の道に進むことも全部自分次第です。

どうしても俳優じゃなきゃいけない理由なんてあるわけもなく、ダメなら他の道に進むぐらいにしか考えられなかったんです。

ただ単にこの道でやっていく自信がなかっただけとも言えます。

でも今は俳優じゃなきゃダメなんだとそう思っています。

この道で挑戦し続けたい、失敗したっていい、やれるだけやってみようと。

自分に自信を持てないのは今でも変わらないから、毎日動いていないと不安になります。

それでも皆さんが応援してくれるから今もこうして頑張っていられます。

一年前の自分ではこんなことは考えられなかった。。。

この俳優としての挑戦が、たとえ実を結ぶことがなくても、皆さんと出会って頑張れた自分は少なからず成長していると思います。

どこに行き着くかではなく、鈍行列車で進むその道中で出会う人とものを大切にこれからも頑張っていきたいと思います。

引き続き応援の程よろしくお願い致します。

最後までお読み頂きありがとうございました。

それでは今夜はこの辺で。

また明日。

                                おしまい

関連記事

  1. LTFブログ #239 よく食べて、よく寝て、明日も頑張る。
  2. 神谷亮太 #340 日々精進あるのみ。。。
  3. LTFブログ #209 Stay Home Christmas
  4. #72 あれから一年
  5. 神谷亮太 #309 身に沁みる今日この頃。
  6. 神谷亮太 #320 もう一踏ん張り。
  7. 神谷亮太 #306 4月スタート!
  8. 神谷亮太 #260 チョコっと時間を忘れて。

コメント

    • アオ
    • 2020年 7月 17日

    これだけの人に愛される一年を過ごしてきたということですね。素敵ですね。
    祝ってもらうのはもちろんですが、ファンとしても、「おめでとう」と言える機会があるのはとても嬉しいことだと思います。
    これからも、そのままの神谷さんをたくさんの人が好きになるんでしょうね。楽しみです、ね。

    • くもりん
    • 2020年 7月 18日

    とても綺麗なアルバムやお花ですよね!!

    神谷くんがこんなに愛されてるのは、これからも続いていくと信じます!!

    明日もいつでもこれからもたくさん挑戦して頑張りましょう〜

    ではお休みなさいっ

    • 匿名
    • 2020年 7月 18日

    今日もお疲れ様でした。
    今日は無事一歩を踏み出せました。
    神谷さんも良い一日だったようですね。

    お気持ちを伝えてくださってありがとうございます。
    25、30歳などの節目にはいろいろ考えてしまうのかと思います。
    たくさんの選択肢がある中で、神谷さんは俳優の道を選んだのですよね。
    ファンとの出会いを大事にしてくださっていることが伝わってくるから、公演がなくてもファンは神谷さんのことを応援しようと思い続けられるのだと思います。
    大事にしてもらっているから、こちらも大事にしようと思えるということはあると思います。

    ファンがいくら応援しても、俳優の道を進むのか去るのかは、ご本人にしか決められないことです。
    ファンは、俳優の道を進むことを願うしかないのです。去ってしまわれたらもう応援することができないので。
    この先、どんな道を選ばれるのかはわかりませんが、少しでも長く応援することができたら幸せです。

    • SHIN
    • 2020年 7月 18日

    おはようございます(^_^)

    日々決意を新たにしてはるね、友人知人に、ファンに、自身に元気を貰ったり鼓舞されながら…そしてそれを見ながら私も小さいながら自分頑張れと思う(≧∇≦)

    思いもかけず新たな局面を迎えるかも知れない、それらがみんなを良い方向へ導いてくれますように✨

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP